最近注目の古民家ライフ

ここ数年で、古い民家を改造したカフェやレストラン、店舗などが増えてきましたよね。
古民家は独特の情緒があります。
これを改造することで、新しい魅力を発見することもできます。

古民家は、住宅として再利用されることも増えています。
もちろんカフェやレストランと同様、そのままでなく、改造して住まいにするんですね。

では、どのようにしたら古民家ライフが実現できるのか、紹介したいと思います。

古民家ライフを検討している人の参考になりましたら幸いです。

民家は、古くなると解体され、廃棄されています。
「でもせっかく風情がある建物なのにもったいない・・・」
最近ではそう思う人が増え、古民家を再生利用する動きが広がっています。

古民家には、新しい住宅にはない、たくさんの魅力があります。
太い大黒柱や梁によって作り出される空間は、何とも落ち着けるものですね。

古民家は、東京近郊で探そうと思ったら、それなりに大変な努力が必要です。
でも田舎には、まだまだたくさんの古民家があるんですね。

でもその古民家も、放っておけば、いずれなくなってしまいます。
田舎へ行って、古民家に住むというのも、一つの魅力的なライフスタイルではないでしょうか。

まずは物件探しから

古民家に住むためには、まずは物件を探さなければなりません。
一つの方法として、地元の役場や不動産業者に問い合わせてみることがあります。

ただ最近では、古民家再生に取り組む全国組織もあります。
その一つが、「日本民家再生リサイクル協会」です。

ここには、年間100件以上、新しい古民家の物件が登録されています。
もし質の良い古民家を探したいと思ったら、ここで探すのはオススメです。

古民家の再生工事をする

古民家は、各部分が古くなっていることが多いため、再生工事が必要です。
上に紹介した古民家リサイクル協会で、経験のある設計事務所や工務店も紹介してもらえます。

また現場の近くにも、古民家を扱える大工さんなどが、いることが多いと思います。
近くに住んでいれば、交通費も時間も節約できることになります。

古民家を再生するには、一つには、「移築する」方法があります。
これは古民家を全て解体し、立て直すというもので、費用もそれなりにかかってくることになります。

それに対し、現場で部分解体するだけで、再生するやり方もあります。
この方が、費用が安くなることは言うまでもありません。

古民家再生の費用はどのくらい?

古民家を再生すると、実は新築より費用がかかる場合があります。
ただやり方によっては、新築と同程度の費用か、されにそれを下回る費用でも、再生は可能です。

また古民家を再生すると、固定資産税が安いことは魅力です。
新築の数分の一から数う十分の一という税額です。

古民家ライフはどこで住めば実現できるの?

さて古民家ライフの実現には、まずは古民家を探すところから始めないといけません。
古民家は、どこにでもあるというわけではありません。
新興住宅地に古民家があるわけはありません。

古民家は、やはり歴史が長い街にあります。
古民家ライフを実現するには、まずはそこへ移り住むことが必要なんですね。

それでは歴史が長い街とは、例えばどこなのでしょうか?

◎鎌倉

まずは関東に近い古い街といえば、「鎌倉」です。
鎌倉は、鎌倉時代の首都だったわけですね。

ただ鎌倉は、関東大震災で大きな被害を受けました。
ですから現在鎌倉に残されている建物は、それ以降のものになります。

さらに鎌倉は大正時代、別荘地でした。
ですからその頃の建物は、大きなお屋敷ばかりで賃料もそれなりに高いです。

ですから鎌倉で古民家を探すなら、戦争前後か戦後すぐのものになると思います。
でももちろん、そのような古民家にも、趣深いものがたくさんあるんですよ。

古民家というと、やはり「窓枠」が一つのポイントになります。
現在の建物は、ほとんどがアルミサッシになっていますね。

でもアルミサッシでは、全く趣がありません。
やはり古民家といえば、窓枠は「木」でなければいけません。

窓枠が木の民家は、高度成長期以前に建設されたものの中に見られます。
鎌倉には、そのような木の窓枠の古民家も、たくさん残されているんですね。

◎東京都内にも古民家は残されている

古民家が残されているかどうかは、戦争中の空襲にも関係があります。
空襲で焼けてしまった地域には、古民家は残されていないわけなんですね。

東京都内は多くの場所で、空襲の被害を受けました。
ところが都内にも、空襲を免れた地域がいくつも残されているんですね。

たとえば千代田区の、神田淡路町や神田須田町、神田多町などは、昔の町並みが残っています。
入谷のあたりや中央区明石町、湊、入船、日本橋堀留町、などなどのあたりも、古民家が残されています。

その他にも、

  • 港区南麻布から広尾にかけて
  • 文京区の東京大学周辺
  • 文京区護国寺から豊島区雑司が谷
  • 大田区大森から山王、馬込
  • 目黒区碑文谷から南
  • 世田谷区
  • 渋谷区代々木上原周辺
  • 新宿k高田馬場から早稲田大学
  • 中野区中野駅周辺
  • 杉並区
  • 豊島区高松、千川、要町、長崎
  • 北区十条、赤羽
  • 足立区
  • 葛飾区亀有
  • 荒川区小岩駅周辺

などなどに、古い街並みはたくさん残されています。

田舎暮らしを決意

私が引越しを決意したのは、都会の生活に疲れてしまったからです。

都会はとても賑やかで楽しい生活だったのですが、毎日を仕事と生活費の心配ばかりで過ごしていたり、収入が入っても飲み歩いたりばかりの生活だけだったので、そういった生活を変えたいと思ったのがきっかけです。
都会から東北の田舎への引越しを決意した時は、まずはインターネットで部屋探しを始め良さそうな部屋が見つかったならばメールにて問い合わせをしました。

行って部屋を見て決定したのですが、そこからが大変でした。
部屋の申し込みをしても都会から田舎への引越しをする際に一時的に無職になってしまうのでなかなか審査が通らず、数件断られました。

最終的には部屋の契約者を親名義にして審査を通し賃貸契約を結んだのですが、今度は引越し日を決定させたり引越し業者を選ぶ作業が始まりました。

引越し業者の選定はインターネットの引越し見積もりサービスを利用して、一気に10社ぐらいに見積もりを出してもらったのですが、見積もりサービスを利用してから3日くらいは引越し業者さんからの電話やメールが止まりませんでした。
色々な業者さんに見積もりを出してもらったのですが、最終的には一番値段を安く提示してくれた引越し業者さんに決定しました。

私がこの引越し業者さんに最終的に決めたのは、値段もさながら口コミの評価が良かった事も決め手となりました。
今まで何度か引越しをしてきましたが、安かろう悪かろうの引越し業者さんに引っかかってしまうとお金を払っているのに嫌な気分にさせられてしまうので口コミの評価は絶対にはずせないと思ったからです。

そして、その引越し業者さんに決めてからなのですが、思ったよりも荷物が多くなり見積もり時よりも荷物が増えてしまいました。
捨てられる物はどんどん処分していったのですが、伝え忘れていた家具が1つ見つかり最終的には引越し日に追加料金を支払うつもりで引越し当日に業者さんに伝えると、なんと追加料金なしで家具を追加して貰えたのです。

引っ越し作業も若い作業員の方2人だったのですが、てきぱきとこなしてくれ対応も非常に好印象でした。
また、引越しをお願いしてから次の日の朝には荷物を搬入して貰えたのもびっくりしました。
普通の引越し業者ならば数日空いてからの搬入なのに、一番値段の安い業者さんが一番早く搬入してくれたのです。
荷物の搬入時にもテキパキと作業して貰えましたし、物を壊されたりもしなかったので大満足の引越しでした。

もし、私がまた次回引越しをするのならば今回と同じ引越し業者さんにお願いして引越しをすると思います。